home

119番通報の仕方

指令室 「こちら消防、火事ですか? 救急ですか?」

通報者 「はやく、はやく来て!」

指令室 「どうしました? 救急ですか? 火事ですか?・・・」

通報者 「いいからはやく来て!」

     
プーップーップーッ・・・

この様な通報では事故の内容や状況、場所がわからないため、
現場に駆けつけることができなくなったり遅れたりします。
そのために正しい119番の仕方をここで紹介いたします。

何が発生したか  あわてずに落ち着いて、「火事」・「救急」・「」を伝え
発生場所
 住所が判る時
   「〇〇町△△、××番地の(氏名)です


 住所が判らない時
   目標物「〇〇交差点」・「△△の店」の近くです
   
 
  
状況を
 火事の場合
    「○○が燃えています」
    現在の状況等

 救急の場合
    たままの状況を
    「〇〇の交通事故で人が挟まれています」

    「けが人が○人います」
    けが人の状態と合わせ、どうしてけがをしたのか分か
    ればその内容を


あなたの名前を
 電話をしているあなたの名前と、電話番号を
通報後
 消防車・救急車が到着するまで初期消火、傷病者の容態
 観察、応急処置


 消防車・救急車を現場まで誘導して下さい

次の場合はすぐ救急車を呼んで下さい

・呼吸や心臓停止
・呼吸困難
・胸痛
・大出血
・腹部の強打、また痛みが強く嘔吐や吐き気がある場合
・広範囲のやけど
・頭を強打し、意識状態が悪い場合
・脊髄損傷のおそれがあり、手や足が麻痺している場合
・激しい腹痛
・吐血や下血
・骨折
・ケイレンが長く続いている場合

 
※上記以外の場合でも判断に迷う時はすぐに要請して下さい

携帯電話からの119通報

 携帯電話による119番が橋本・伊都地域消防指令センターに着信するようになりました。
 ただし、電波状態により切断、または受信アンテナの位置により他の消防本部につながる場合があります。

 通報は、なるべく一般加入電話で119番通報をお願いします。

 ※災害発生場所の市町村名、大きな目標物がわからない場合は、近くの公衆電話や加入電話(家の電話)で、すぐにかけなおして下さい