毎年9月9日は「救急の日」この日を含む1週間は「救急医療週間」と定められています。
 当組合では、救急医療週間に伴い普通救命講習会を実施します。
もし愛する家族・親しい
友人が、目の前で急に呼吸や心臓が止まったら、あなたはどうしますか?
救急車が来るまで
の間、何もしなければ非常に危険な状態に陥ります。その時、救命手当を知っていれば尊い命
を救うことができるかもしれません。心肺蘇生法・AEDの使用方法・止血法などの正しい知識・
技術を身に付ける為に、講習会に参加してみましょう!!
講習内容は・・・ @人工呼吸法の習得(成人法)
A心臓マッサージの習得
B異物により気道が閉塞した場合の除去の習得
CAEDの使用方法の習得
※AEDとは自動体外式徐細動器の事を指し、突然心停止に陥った時、心臓に電気ショックを与え
 正常な状態に戻す医療機器です。
1.実施日時
   平成29年9月3日(日)
   午前9時00分〜13時00分 (3〜4時間)
2.実施場所
  伊都消防組合防災センター(多目的ホール)
3.対象者
  伊都消防署管内に在住、勤務、在学で16歳以上の方
4.受講人数
  30名 ※申し込み順とし、定員となり次第締め切ります。
5.伊都消防組合消防署・救急係にて受付け致します。電話:22−0119
  【受付期間は、平成29年8月1日〜平成29年8月25日】
6.受講費用(無料)

  受講修了者には、「普通救命講習修了証」を交付します。